感動した映画はいつまでも残る私の名作、おすすめの映画とDVDを紹介させて頂きます。
名作シネマスコープ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男と女
2011-04-02-Sat  CATEGORY: 洋画ドラマ
男と女男と女
製作・監督・脚本・撮影:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ/ジャン・ルイ・トランティニャン/ピエール・バルー/ヴァレリー・ラグランジュ
内容:その土曜日もアンヌはドービルの寄宿学校へ娘を訪ねた。スタントマンの夫を事故で亡くしてパリで独り暮らしのアンヌにとって娘に会うことが唯一の楽しみになっていた。楽しい時を過ごし、帰りの終列車に乗り遅れ途方に暮れているアンヌに、同じ学校に息子を訪ねて来たレーシング・ドライバーのジャンが遠慮がちに声をかけ、車に乗せてくれた。以来ジャンはアンヌを誘うようになり、いつしか好意以上の感情が芽生えているのに気がつく。ある日、ジャンは妻に自殺された過去を...

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41cK0sVwLrL.jpg

解説
「女を引き裂く」のクロード・ルルーシュが、製作・脚本(ピエール・ユイッテルヘーヴェンと共作)・監督・撮影を担当した恋愛篇。音楽はフランシス・レイ、劇中の歌は、ピエール・バルー(作詞も担当)とニコール・クロアジール。出演は「81/2」のアヌーク・エーメ、「マタ・ハリ(1965)」のジャン・ルイ・トランティニャン、ピエール・バルーほか...続きを読む

ストーリー
アンヌ(アヌーク・エーメ)はパリで独り暮し。夫をなくして、娘はドービルにある寄宿舎にあずけてある。年はそろそろ三〇歳。その日曜日も、いつも楽しみにしている娘の面会で、つい長居してしまい、パリ行きの汽車を逃してしまった。そんなアンヌに声をかけたのはジャン・ルイ(ジャン・ルイ・トランティニャン)彼も三〇前後で、息子を寄宿舎へ訪ねた帰りだった。彼の運転する車でパリへ向う途中、アンヌは夫のことばかり話しつづけた。その姿からは夫が死んでいるなどとは、とてもジャン・ルイには考えられなかった。一方彼はスピード・レーサーで、その妻は彼が事故を起したとき、ショックから自殺... アンヌ(アヌーク・エーメ)はパリで独り暮し。夫をなくして、娘はドービルにある寄宿舎にあずけてある。年はそろそろ三〇歳。その日曜日も、いつも楽しみにしている娘の面会で、つい長居してしまい、パリ行きの汽車を逃してしまった。そんなアンヌに声をかけたのはジャン・ルイ(ジャン・ルイ・トランティニャン)彼も三〇前後で、息子を寄宿舎へ訪ねた帰りだった。彼の運転する車でパリへ向う途中、アンヌは夫のことばかり話しつづけた。その姿からは夫が死んでいるなどとは、とてもジャン・ルイには考えられなかった。一方彼はスピード・レーサーで、その妻は彼が事故を起したとき、ショックから自殺への道を選んでいた。近づく世界選手権、ジャン・ルイは準備で忙しかったが、アンヌの面影を忘れられなかった。次の日曜も自分の車でドービルへ…と電話をかけた。肌寒い日曜日の午後、アンヌ、ジャン・ルイ、子供たらの四人は明るい笑いにつつまれていた。が同時に、二人はお互いの間に芽生えた愛をかくしえなかった。血と汗と泥のレースを終えたとき、ジャン・ルイはアンヌからの電報を受けとった。それには、愛してます--と書いてあった。彼はすぐに車を駆ってパリへ、そしてドービルへ。二人は砂浜で身体をぶっつけ合い、その夜は安宿のベッドに裸身をうずめた。だが愛が高まったとき、思いもかけずアンヌの脳裡に割りこんできたのは、死んだ夫の幻影だった。二人は黙々と着物を着た。アンヌは汽車で、ジャン・ルイは自動車でパリへ向った。しかしアンヌを忘られぬ彼は、彼女を乗換え駅のホームに待った。思いがけぬ驚きと喜びをひとつにして、アンヌはジャン・ルイにとびついた。凍てついた空気の中での口づけ。それは最後の口づけかも知れなかった。だが二人には、そんなことはどうでもよかった...続きを読む

【監督】クロード・ルルーシュ
【製作】クロード・ルルーシュ
【脚本】クロード・ルルーシュ/ピエール・ユイッテルヘーヴェン
【撮影】クロード・ルルーシュ
【音楽】フランシス・レイ
【歌】ピエール・バルー/ニコール・クロアジール
【作詞】ピエール・バルー
【出演】アヌーク・エーメ/ジャン・ルイ・トランティニャン/ピエール・バルー/ヴァレリー・ラグランジュ/シモーヌ・パリ/ヤーヌ・バリー
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
大人のラブ・ストーリー
コメントアンヌ | URL | 2011-04-10-Sun 17:23 [編集]
男女の恋愛を描いた映画は数知れないが、本作ほどクルマを上手に使った映画はないのではないだろうか。
男性の主人公がレーサーということもあり、作品の随所でクルマが効果的に使われ、オトナの恋を彩ってくれる。

海岸でマスタング・コンバーチブルを滑らせ、子供と遊ぶシーン。
初めて二人が出会った日の車内の会話。
シフトチェンジで、そっと彼女の手に触れるシーン。
フォードGT40をテストランするシーン。
白熱するモンテカルロラリー(miniやDSのラリーカーが雪の道をドリフトする様はそれだけで貴重な映像!)

そしてなんといっても圧巻は、女の一通の電報をきっかけに、男がモンテカルロからドーヴィルへ、一気に走り抜けるシーンだろう。
ここに自動車を運転するワクワク感が凝縮されている、と言っても過言ではない。そしてそのままシーンは、海岸で遊ぶ女と子供へ
男が自分の到着をヘッドライトの点滅で知らせる、という、作品中屈指の名シーンへとつながっていく。

映画好きのみならず、クルマ好きの人にもぜひ観てほしい、最高のクルマ映像達である。観た後では、自分の車を運転する行為までが
何かしらの輝きをもって感じられること間違いなし。


余談であるが、DVDの特典映像”37年後 クロード・ルルーシュと共に”が面白い。
本作をロマンチックに印象づける望遠レンズの多用、モノクロとカラー映像の併用などはすべて予算的な制約から
生まれたものだったとは!これを見ると、優れた映画=大予算、でないことが実感できる。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 名作シネマスコープ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。